忍者ブログ
banner
   
遊楽日記
焦らず気負わず気ままに迷走中 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
(07/09/20)


ヘンリー・ローズウッドの独白。

恐らく、銀幕市内は2007年の春くらい…でしょう。
実際にそれくらいの時期に書いて出すに出せず放置(遠い目)

ヘンリーネタバレSS
 

屋上は随分と静かだった。
 
いくら暖かい気候だとはいえ、真夜中の充分温度は低い。
 
ヘンリー・ローズウッドは、フェンスに寄りかかって缶ビールを空けている。
飲んでいる、ではなく、缶を空にするために喉に流しているような乱暴な飲み方だ。
 
 
今、頭上には銀の満月がある。
 
 
さりげなくくすねてきたビニル袋ひとつ分、大量の缶ビールは既に半分が空で、さすがに飲みすぎたのか胸がムカつく。
ずるずるとフェンスに背を預けて座り込んだ。
足元の空になったスチール缶を鬱陶しげに蹴飛せば、カラガラと何重に空虚な音がした。
 
――どうやら、僕は相当酔っているらしい。
月光から顔を背け、酒気に濁った目を右手に握ったスチール缶に落とす。
 
…まぁ、これだけ飲めば当たり前か。
無理やり浮かべたような無様な笑みで自嘲する。
 
今、下は随分と盛り上がっているに違いない。
その様子を思うと吐き気が酷くなる。
何食わぬ顔でまっとうな人間のように振舞うあいつらには、ほとんどまともな過去がないだろう。
「設定」がない雑魚ばかりだ。…この僕と同じように。
それは人生と等しい思いも、過去も、他積み上げた何もかもも、無いと同じに決まっているのに、
 
 
  隣の他人と乾杯。ああ無事でよかったこれからもよろしく。
  平和が1番。仲間と飲む酒は美味い。
  今日は頑張った。明日も頑張ろう。
 
 
違和感に吐き気がこみ上げる。
 
あのままあの場に居ると、何故平気だと怒鳴り散らしてしまいそうだった。
 
でも実際は人好きのいい笑顔で要領よく付き合いに参加。
途中で耐え切れずに抜け出した時も、確か「風を浴びてくる」だとかなんとか言ったはずだ。
 
…彼らは自分の映画を見たことがあるだろうか?
ヘンリーは見た。いや、一度ではなく、何度も観た。
 
やや古い映画だ。映画館の上映期間が終わった後は、特別話題になることもないような、映画。
特別面白いわけではなく、特別つまらないわけでもない。
そこそこ見所もあれば、何の印象も与えられず通り過ぎていくようなシーンもある。
 
 
ヘンリー・ローズウッドは自分が虚構だとまさに「夢にも思わず」奪い、騙し、暴き。
最後には自らのこめかみに弾を撃ち尽くした銃口を当てるのだ。客席のヘンリーから観ればそれはまるで喜劇のように。
 
 
ああでも、僕はあの時の思いを覚えているのに。
 
 
何を思い、何を思考し、何を感じ、何を決めたのか、覚えている。
それはそこまでの過程の結果だ。主観では三年と六日間の、客席からでは110分程度の。
 
全く、馬鹿馬鹿しい。
 
眩暈をおこして歪む視界をそのままに、新しい缶ビールのプルタブを上げた。
 
僕は、ヘンリー・ローズウッドは、本来ならば自分が「ヴィランズ」と呼ばれ「退治」される人種だと知っている。
そして「ムービースター」であり、「映画」の「登場人物」であり、「脚本家」や「監督」や「役者」によって作られた虚構の人物であると知っている。
 
本来自分は存在しない人間だと理解している。
 
 
…僕にはどんな過去があるのだろう。この得体の知れない憎しみは何なのだろう。
 
だからこんな疑問は無意味だ。過去なんてないのだから。
 
こんなくだらない疑問は、半年前まで…銀幕の中では思いもしないことで。
 
 
何度も何度も確認した思考を再び繰り返す。
機械的にアルコールを喉に流し込む。
当たり前のように何度も反芻し脳裏に刻みついた情報が浮上した。
 
――タイトル『ミスト・ナイト・ルール』
本編110min。監督ヒュー・レアード 脚本家ジェームス・エリック 主演・サイモン・ボイド
――僕の役者ウィリアム・ハワード
 
 
ビデオのケース裏に書かれたヘンリー・ローズウッドのレシピ。
 
 
…ああしかし、他のムービースターは自分の映画を見るのだろうか?僕より遙かに恵まれた彼らは?
 
 
ふと思い、ちっ、と汚く舌打ちした。
 
 
…他人を気にして何になる?自分の設定を必死に探している自分が虚しくなるだけだ。
 
 
映画の中の時代なら、他の人間のことなんて気にしていなかったはずなのに。
 
過去も知っていたはずだ。いや、気にしていなかったのだったか。
 
憎んでいたから、憎悪を抱いていたから、誰かの財産と命と奪っていたはずだった。
 
―――所詮、都合よく動かせるキャラクターでしかない。
 
今の僕が憎むのは監督と脚本家と役者と役柄のままのムービースターと役柄から外れたムービースターと生きている銀幕市民と。
僕を憎悪させたリオネと、それと。
 
 
確実に思考を侵しはじめた酔いを自覚し、頭上を仰ぐ。
 
 
 
 
霧のない、冴えた夜空に歪む月。
 
 
 
 
…ああ、でも。
 
 
 
夢を現実にするのがリオネの魔法なら。
 
 
 
 


 
一体誰が僕を夢見たのだろう。
 



 
 
 
......end......
 
 
 
 
 
PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
| 選択 | top | 銀幕登録キャラ一覧 |
| 55 | 54 | 36 | 361 | 360 | 195 | 254 | 103 |
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
HN:
如月 涼
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
『メイガスソウル』
    (参加キャラクター一覧)

・『螺旋特急ロストレイル』
    (登録キャラ一覧)

・『銀幕★輪舞曲』
    (登録キャラ一覧)
====注意====
このブログは非公式です。ツクモガミネット様とは一切関係ございません。

主張。お借りしています。 どんとお誘い下さい

ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny